中越自動車学校でドライビングテクを磨く|免許取得で世界は変わる

教習所

船の免許を取るメリット

レンタルボートが利用可能

自家用車

船舶免許を持っていると大型の船を操船する事ができるため、海や湖に行く機会が多い人には魅力的な免許です。船舶免許の種類は四種類あり、免許の種類によってそれぞれ操船する事ができる船のサイズや、海岸からの距離が違うため注意が必要です。最近はレンタルボートを借りる事ができる施設が充実しているため、船舶免許を取得する事で気軽に船に乗る事ができ、レジャーを楽しむ事ができます。 魚釣りが趣味の人は岸からでは大きな魚を釣る事が難しいですが、船を操船して沖まで行く事で、大物を釣り上げる事ができるため魅力的です。小型のボートも人気になっており、船舶免許があれば小型ボートを車に載せて、どこにでも船を浮かべる事ができるため有意義です。

試験を免除する方法がある

1級の船舶免許を取得する事で全ての水域を操船する事ができ、波の高い外洋に行く事ができるため、海を思う存分楽しむ事が可能です。2級の船舶免許は岸から5海里以内の操船をする事が可能で、釣りやクルージングを楽しむのに適しています。特殊小型の船舶免許は水上オートバイを乗る時に必要な免許で、海岸から2海里までの操船をする事ができるためお手軽です。 他にも湖や川のみで操船する事ができる免許があり、波のない場所で操船をする事ができます。船舶免許は免許の種類によって受験できる年齢が違っており、1級や2級は17歳9ヶ月以上、それ以外は15歳9ヶ月以上になっているため確認しておく事が大切です。船舶免許を取得する際には試験に合格して取得する方法と、教習所で学ぶ事によって試験を免許できる方法があるため、自分に適した方法で免許を取る事がオススメです。